アゾルガ、ルミガン、アイファガンというのが、今使っている目薬の名前である。どういうわけか、どれも怪獣のような名前だ。
病院で処方される薬の名前って、もう少し親しみやすいというか、効能がわかりやすい名前にするわけにはいかないのだろうか。
「名は体を表す」ネーミングでおなじみの小林製薬の製品たち、たとえば「ガスピタン」、「コリホグス」、「トマリナ」みたいに、なんとなく効き目の想像がつくような名前がついていると、主治医と薬の話をする時とか、間違いが少なくなるような気がするのだが。
それはそれとして、小林製薬の製品の名前って、ドラえもんのひみつ道具っぽい感じがしなくもない。

もはや相棒ともいえる目薬たちをしみじみと見つめ、どうしてどいつもこいつも怪獣みたいな名前なんだと思う。