はじめまして、沢の水です。このブログへの書き込みは初となりますが、いきなりブログタイトルから大きく外れた記事を書きます。すみませんが、どうか最後まで読んでください。

 

タイトルにもあるように、僕は今回の参議院議員選挙で投票をしませんでした。開票前は何とも思っていなかったのですが、結果を見て、なんだか取り返しのつかないことをしてしまったような気持ちが収まらなくなりました。僕の反省の気持ちを、僕と同じく投票に行かなかった方々に伝えることで、政治への危機意識を共有できればなと思います。

 

 

選挙日に入れてしまった「夏フェスのバイト」

 f:id:mycontrol:20160712033032j:plain

 

選挙権の下限年齢引き下げ後初の選挙ということで18歳19歳の投票を推進する動きが盛況を見せていましたが、平成6年生まれ21歳の僕にとっても初めての選挙でした。でも、ふーんという程度で当時者意識はあまりありませんでした。

 

なんだかんだで7月10日をになりましたが、僕にとっては単純に「バイトのシフトを開けといた日」でしかありません。派遣先が夏フェスだと前日に知らされ、暑い野外での立ち仕事が嫌だなということ、朝からの勤務なので結構日給もらえるな、といったことばかり考えていました。

仕事が終わり、全身日焼けして足腰の疲労がピークに達した夜11時半頃のことです。帰路の電車で何気なくTwitterのトレンドを確認していたとき、「#池上選挙」のタグを見て、ハッとしました。

 

参議院選挙が「他人事」として終わってしまった恐怖

「#池上選挙」のタグをさかのぼって見ていくと、当選した人含め候補者たちや政党が池上彰氏の鋭い質問を喰らいボロボロの返答をしている様子が見られました。